「専門家の見方」を検証

Pocket

6月14日の読売新聞に「今後の市場 専門家の見方」という記事がありました。
証券会社や銀行が今後の株価などを予想するという記事ですが、当たったかどうか検証してみました。

区分 予想者 8月末予想 7月末実績 8月末実績 判定
株価 大和証券 1万3000円台後半 13,668円 13,389円 ×はずれ
松井証券 1万2000円~1万4000円 ○あたり
為替 みずほコーポレート銀行 1ドル=100円 98円 98円 ○あたり
新生銀行 1ドル=93円 ×はずれ
長期金利 みずほ証券 0.7~1.0% 0.795% 0.710% ○あたり
野村証券 0.6~1.0% ○あたり

6月中旬に、8月末の株価(日経平均)、為替(対ドル)、長期金利(新発10年国債利回り)を予想しています。
8月末の実績値、参考として7月末の実績値を並べて、判定しました。

まず株価。大和証券ははずれ、松井証券はあたりです。ゆるく予想するのがコツです。
為替。みずほコーポレート銀行(みずほ銀行)はあたりです。新生銀行ははずれとしました。
長期金利。色々と指標がありますが、一般的なのは「新発10年国債利回り」なので、これと比較します。みずほ証券、野村証券ともあたりです。上と下に0.4%も開きがあると予想なのか何なのか分かりませんが。

[ 2013年9月3日 | カテゴリー: 社会 | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報