VBAでユニコードを使う方法

Excelではユニコードを使うことができます。
例えば「☑」(チェックボックス)はユニコードならばワークシート上で正しく表示されます。
一方、VBAエディタでは、ユニコードが使えるものの正しく表示されません。そのためVBAでコードを書くとユニコードでしか表示できない文字は表示されませんが、ワークシートに貼り付けたりすると正しく表示されます。
使い方をメモとして残しておきます。Excel2013で確認しました。 (さらに…)

Excelの一つのセルに複数のハイパーリンクを挿入する方法

Excelでは、ハイパーリンクを使うことができます。
通常は、あるセルで右クリックして「ハイパーリンク」を選択すると「ハイパーリンクの挿入」というダイアログが表示されて、設定することができます。
またHYPERLINKというワークシート関数を使う方法もあります。
一つのセルにセットできるハイパーリンクは一つだけのようです。
通常の方法では、特定の文字列にハイパーリンクを挿入したり、一つのセルに複数のハイパーリンクを挿入することができません。
複数のハイパーリンクを挿入する方法を紹介します。Excel2013で確認しました。 (さらに…)

Excelを裏で起動させる方法

マクロ専用のExcelファイルを使っています。
Excel起動時に同時に起動させるため「起動時にすべてのファイルを開くフォルダー」に保存しています。
しかしマクロ専用なので表示させる必要はなく、むしろ邪魔なので非表示にしたいです。
方法が分かったのでメモしておきます。Excel2013で確認しました。 (さらに…)

Excelで複数行をまとめてソートする方法

Excelの並び替えは1行単位で行いますが
複数行をまとめて並び替えをしたいケースがあります。 (さらに…)

Excelで値が入力されている右端の値を取得する

セル範囲A1:H1について値が入力されているセルのうち右端の値を取得する方法です。 (さらに…)

Excel用列番号一覧表

前にアルファベットの順番を記憶する方法を紹介しました。
目的はExcelやLibreOfficeCalcの列番号をすぐに把握するためですが、どうしても覚えられない場合のために一覧表を作ってみました。
A4サイズで印刷して使います。 (さらに…)

エクセルで図として貼り付けると文字がギザギザになるときの対処法

エクセルの一部のセル範囲を別の場所に貼り付けたい場合があります。セル範囲の大きさが同じならばそのまま貼り付ければいいのですが、違う場合には図(画像)として貼り付ける方法が考えられます。 (さらに…)

Excelで選択範囲内の罫線の太さを変えるマクロ

Excelで困ることの一つと言えば凝った表です。罫線の太さが細かく調整されていると見た目がいいです。一方、メンテナンスが面倒になります。太さが混在していると非常に醜いです。
シンプルな表ならば一括して太さを指定し直せばいいのですが、罫線が不要な部分にもセットされてしまいます。
そこで、罫線がある部分だけを対象に太さを一括して変えるマクロを考えました。 (さらに…)

Excelで連番を入力する方法

表を作成した際に連番を入力するケースはとても多いです。
単に「何番目か?」とか「何件あるか?」ということを知るためにセットする以外にも意味があります。表計算ソフトとして使う場合、並べ替えをすることがあります。あらかじめ連番をセットしておけば、この連番で並べ替えをすれば最初の状態に簡単に戻すことができます。
連番を入力する方法としてマクロを使う方法とオーソドックスな方法をいくつか紹介します。「1,2,3,…」という連番を縦に入力するという前提です。Excel2007で確認しました。 (さらに…)

Excelで「Enterは下に、Tabは右に移動する」だけではない

Excelのワークシート上でEnterキーを押したときの移動方向については、メニューのファイル - オプション - 詳細設定 の「Enterキーを押したら、セルを移動する」で設定できます。
初期設定では、Excelのワークシート上でEnterキーを押すと下のセルに移動します。
Tabキーを押すと右のセルに移動します。
ただ、これだけならば矢印キーと変わりません。実は次のような動きをします。Excel2013で確認しました。 (さらに…)

古い記事

タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報