能力の限界を考えていたら何もできやしないよ。ページを開く

限界なんて最初から存在しないのよ。あると思い込んでいるだけ。ページを開く

限界は恐怖と同じで、大抵幻想でしかない。ページを開く

限界と言うから、限界ができるのだ。ページを開く

まだ限界じゃない。ページを開く

木曾路はすべて山の中である。ページを開く

私が代表チームで大事だと思うのは、選手たちが皆それぞれのクラブチームでレギュラーとしてプレーしていることだ。シーズン中、ほぼ毎試合に出場していなければ、代表に入る資格はない。ページを開く

どんなに不利な状況になっても、タイムアップの笛が鳴るまで、まるで決勝を戦うようなスピリットで戦い続けることができる。そんなチームは世界を探しても日本と、あとアイスランドくらいだろう。片やバイキングの末裔、片やサムライの末裔たちだ。ページを開く

私は五回連続してPKを失敗した。だが私はマラドーナであり続けている。彼は一回だけだ。ページを開く

あれはすごかった。俺、握手してもらったぞ。鹿児島城西を応援しよう。ページを開く