TEXT関数とFormat関数の違い

Pocket

Excelで日付や時刻の表示形式を整えるワークシート関数に「TEXT」があります。これに対応するのが、VBAでは「Format」。
「Format」の方が指定できる書式が多いです。
VBAの「Format」にあってワークシート関数の「TEXT」にない書式は次の通り。

文字 内容
c ddddd および t t t t t の書式で表した日付と時刻を、日付、時刻の順序で返します。指定された値に小数部がない場合は日付のみ、整数部がない場合は時刻のみを表す文字列を返します。
w 曜日を表す数値を返します (日曜日が 1、土曜日が 7 となります)。
ww その日が一年のうちで何週目に当たるかを表す数値を返します (1 ~ 54)。
oooo 月の名前を日本語で返します (1 月 ~ 12 月)。
q 1 年のうちで何番目の四半期に当たるかを表す数値を返します (1 ~ 4)。
n 分を返します。1 桁の場合、先頭に 0 が付きません (0 ~ 59)。
nn 分を返します。1 桁の場合、先頭に 0 が付きます (00 ~ 59)。
t t t t t コントロール パネルで設定されている形式で時刻を返します。先頭に 0 を付けるオプションが選択されていて、時刻が午前または午後 10 時以前の場合、先頭に 0 が付きます。既定の形式は、h:mm:ss です。

[ 2009年11月28日 | カテゴリー: Excel | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報