雪の日にワイパーを上げる必要があるか

Pocket

1月14日は成人の日でしたが関東地方は大雪に見舞われました。

雪が降ると自動車のワイパーを上げるドライバーがいます。
これは雪によってワイパーのゴムの劣化を防ぐためと言われています。
凍結によりゴムとフロントガラスがくっ付いてしまい、気付かずにワイパーを動かすと酷い場合にはゴムがちぎれてしまうそうです。
また雪の重みでワイパーブレードが折れ曲がることもあります。

一方、次のような意見もあるようです。

  • ワイパーを上げたままにしておくとバネが劣化することがある。
  • 上げた状態で雪が積もると折れることがある。
  • 子供がいたずらをする。
  • きちんと雪を融かしてからワイパーを動かせばよい。
  • そもそもゴムは劣化する。半年に一度は交換する。

「上げないとワイパーが折れる」というのは、フロントガラスに傾斜がある車種の場合、ワイパーの下にも雪は積もりますので折れ曲がることはありません。

こう考えると雪の日にワイパーを上げることは必須ではないようです。
気になる人がやればよいというレベルでしょう。
少なくとも「なぜやるのか分からない」という人はワイパーを上げる必要はありません。

「実はワイパーを上げないとこんなことになるよ」という事例があればコメントで是非教えて下さい。

[ 2013年1月18日 | カテゴリー: 豆知識 | タグ: , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報