かけそばの食塩相当量

Pocket

そばは麺にもつゆにも食塩が多く含まれています。
しかし無塩の麺は存在します。
これでかけそばを作った場合、食塩相当量はどうなるでしょうか。

にんべんのつゆの素を使います。
100mlあたり食塩相当量は11.2gです。

かけそばを作ってみます。5倍から7倍濃縮なので、ここは7倍にします。
原液20mlに対して水140mlを加えてつゆを作ります。
食べます。
残ったつゆの量を測ると150mlでした。
かけそばで口にするつゆは10mlとなります。

つゆは濃度が原液の8分の1なので100mlあたり食塩相当量は1.4gです。
口にするつゆは10mlなので0.14gです。
かけそばの食塩相当量は0.14gとなります。
なお、つゆを飲み干すと1.96gとなります。

「塩分ひかえめ つゆの素」というのがあります。100mlあたり7.6gなのでかけそばだと0.095gとなります。これはいいですね。

麺についても書いておきます。
シマダヤの「薮そば」は「1食0〜0.3g」となっています。ばらつきがあるということでしょうか。
「流水麺そば」は「1人前0〜0.4g」でした。

[ 2022年2月24日 | カテゴリー: 豆知識 | タグ: ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報