今年の西武はぶつけすぎ

Pocket

2008年に西武の投手が相手に与えたデッドボールは68個でパシフィックリーグで最も多い(最小はロッテの47個)。
7月17日に西武が1イニング3死球のプロ野球タイ記録を出し、ロッテのベニーがキャッチャーを投げ飛ばしたのは、象徴的。
西武は、投手陣の「ぶつけても構わない」というスタンスで、この年、パシフィックを制した。
と思われるが、一方、セントラルは横浜の80個が最高。5位のヤクルトと19ゲーム差の圧倒的最下位であった。

[ 2008年11月3日 | カテゴリー: 野球 | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報