POISSON関数の使い方

Pocket

ExcelにはPOISSONというワークシート関数があります。
この使い方です。
例えば次のようの問題があったとします。

「ある交差点では1分間に車が平均で5台通過します。このとき1分間に3台通過する確率を求めなさい。」

時間帯によって平均台数が変動するようなケースではダメですが、一定であればPOISSON関数を使うことができます。
POISSON関数は次のように使います。

POISSON(確率を求めたい回数,平均回数,FALSE)

上の問題の場合は「=POISSON(3,5,FALSE)」とすることで求められます。
結果は「0.1404」となります。これが「3回通過する確率」です。

蛇足。
同じように「0回通過する確率」は「0.0067」となります。
これを「16回通過する確率」まで計算して合計すると次の通り「1.0000」になります。

回数 確率
0 0.0067
1 0.0337
2 0.0842
3 0.1404
4 0.1755
5 0.1755
6 0.1462
7 0.1044
8 0.0653
9 0.0363
10 0.0181
11 0.0082
12 0.0034
13 0.0013
14 0.0005
15 0.0002
16 0.0000
合計 1.0000

[ 2012年12月11日 | カテゴリー: Excel | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報