目次を自動的に更新するマクロ

Pocket

Wordの目次を手動で更新するには、目次を右クリックしてフィールド更新を選択します。
これだと更新を忘れるという心配があります。
そこでマクロを使って文書を開いたときに自動的に目次を更新する方法を考えました。Word2007で確認しました。

コードは次の通りです。

Private Sub Document_Open()
    For Each t In ActiveDocument.TablesOfContents
        t.Update
    Next
End Sub

「Document_Open」を使って文書を開いたときに実行します。
「TablesOfContents」が目次を表すオブジェクト(のコレクション)です。
通常、目次は一つの文書に一つしかないでしょうが、念のため、複数の目次があっても対応できるようにしました。

なお、このコードを利用する手順は次の通りです。

  1. Alt+F11で、VisualBasicエディタを開く。
  2. プロジェクトエクスプローラの該当するファイル(プロジェクト)のThisDocumentをダブルクリック。
  3. コードの上部左側のオブジェクトボックスからDocumentを選択。
  4. 右側のプロシージャボックスからOpenを選択。ここにコードを書く。

関連記事

[ 2012年10月5日 | カテゴリー: Word | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報