Excelマクロの使い方

Pocket

このブログではExcelのマクロをよく採り上げますが、使い方が分からない人もいるようですので、書いておきます。
Wordのマクロも同様です。
またExcelのバージョンが上がってもVisualBasicエディタの使い方はほとんど変わっていません。

  1. Excelを起動し、ファイルを開く。
  2. Altキーを押しながらF11キーを押すとVisualBasicエディタが起動する。
  3. 通常は左側にプロジェクトというウィンドウがある。
  4. 「VBAProject (使用中のファイル名)」を右クリックする。
  5. 挿入-標準モジュールを選択する。
  6. 右側の白い部分にコードを書く、または手に入れたコードを貼り付ける。
  7. Excelに戻る。
  8. 表示-マクロ-マクロの表示 を選択する。
  9. 目的のマクロを選択して、実行ボタン をクリック。

[ 2011年1月11日 | カテゴリー: Excel, Word | タグ: ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報