COUNTIFなどの関数で条件を指定する方法

Pocket

Excelには条件に合致するセルの数を数える関数「COUNTIF」があります。

COUNTIF(範囲,検索条件)

この検索条件の設定についてまとめます。
検索条件は、条件式を文字列で設定する必要があります。
たとえば「100より小さい」ならば「"<100"」とします。

数値の条件

条件 結果
=100 100に等しい
<100 100より小さい
>100 100より大きい
<=100 100以下※「=<」はダメ。
>=100 100以上※「=>」はダメ。
<>100 100でない

条件は文字列であればよいので例えば「"<" & A1」としてセルを指定することもできます。

困るのは「10以上13以下」というような条件の場合です。
「">=10 AND <=13"」などと設定することができません。
このような場合は「10以上」と「13より大きい」をそれぞれカウントして引き算します。
COUNTIF(範囲,">=10")-COUNTIF(範囲,">13")

10以上
13以下
10以上 13より
大きい
8 8 8
9 9 9
10 10 10
11 11 11
12 12 12
13 13 13
14 14 14
15 15 15

文字列の条件

条件 結果
<> 空白セル以外※文字列も数値もカウントする。
* 文字列があるセル※数値はカウントしない。
? 1文字のセル(a,b,c)
*b 末尾が「b」のセル(b,ab,abb)
?b 末尾が「b」の2文字のセル(ab,bb,cb)

文字列の場合は「*」や「?」のワイルドカードを使うことができます。

[ 2012年9月12日 | カテゴリー: Excel | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報