指で電車を止める

Pocket

先日、ベビーカーが挟まれるという事故がありましたが、今回の事故も利用者に責任があります。
指だけが挟まれるというのは、完全に乗り遅れているということ。
死ぬ覚悟があるということでしょうか。

13日午前10時40分ごろ、神奈川県秦野市南矢名1の小田急小田原線東海大学前駅下りホームで、同市の女性(57)が発進しようとした新宿発箱根湯本行き急行電車(10両編成)のドアに指を挟まれ約40メートル引きずられた。ホームの乗客が気づいて車掌に伝え、電車は急停車したが、女性は電車とホームの約18センチのすき間から約1.2メートル下の線路上に転落し、胸の骨を折る重傷を負った。電車内の乗客約150人にけがはなかった。
県警秦野署と小田急電鉄によると、女性は電車に乗ろうとして、8両目のドアに指を挟まれた。発車後、窓から顔を出していた車掌がホームの乗客が「ストップ、ストップ」と言っているのを聞き、非常ブレーキをかけた。発車時、モニターと目視で安全確認したが気づかなかったという。
ホームは曲線になっており、ホームの乗客は「(女性は)駆け込み乗車しようとした」と話している。同社によると、電車はドアに15ミリ以上のものが挟まるとセンサーが作動して発車できない仕組みといい、同署は指を挟まれた経緯やセンサーが働かなかった原因などを調べている。
同社広報部は「安全管理の指導をより徹底していきたい」とコメントした。この事故で同線は上下計9本が最大30分遅れ、約1700人に影響した。(毎日新聞)

[ 2007年6月14日 | カテゴリー: ニュース | タグ: , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報