PHPのdate関数でよく使うフォーマット文字列

Pocket

PHPのdate関数は日付を整形するときによく使うのですが、フォーマット文字列をすぐに忘れてしまうので、よく使うものだけをピックアップして整理してみました。

date(フォーマット文字列)
区分 数値 英文字
Y (4桁)、y (2桁)
m (2桁)、n (1or2桁) F (フル)、M (3文字)
d (2桁)、j (1or2桁)
曜日 w (0:日曜日) l (フル)、D (3文字)
H (2桁)、G (1or2桁)
i (2桁)
s (2桁)

※「O」はグリニッジ標準時との時差。

サンプル

date("Ymd")→「20110901」

date("Y-m-d")→「2011-09-01」

date("Y-n-j")→「2011-9-1」

date("D M j H:i:s \U\T\CO Y")→「Thu Sep 1 14:26:38 UTC+0900 2011」
※JavaScript(IE)の日付。

date("D M d Y H:i:s \G\M\TO")→「Thu Sep 01 2011 14:26:38 GMT+0900」
※JavaScript(Firefox)の日付。

date("c")→「2011-09-01T14:26:38+09:00」
※ISO8601の日付。

date("r")→「Thu, 01 Sep 2011 14:26:38 +0900」
※RFC2822の日付。

[ 2011年9月6日 | カテゴリー: デジタル | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報