日本、オーストラリアを延長で破り、アジアカップ2011優勝

Pocket

日本が延長戦の末、オーストラリアを破り、アジアカップ2011で優勝しました。

オーストラリアは高さを生かし、再三、日本のゴールを脅かしますが、川島が好セーブを連発。
延長戦にもつれ込み、延長後半4分、途中出場の李忠成が長友のセンタリングをフリーで受け、ボレーシュートを決めて、先制点。この大会、ここまで1失点のオーストラリアの壁を崩します。
日本はこの1点を守り切り、勝ちました。
試合終了間際にペナルティエリアのすぐ外で岡崎がハンドをしてフリーキックを与えたときには同点を覚悟しましたが。

日本1-0オーストラリア

厳しい試合でしたが日本のイエローカードはゼロ。レフェリーが接触プレーは流すタイプでよかったです。準決勝の時のレフェリーだったらPKを何本与えていたことか。
松井と香川を怪我で欠き攻撃陣が手薄だったため、終盤に藤本から岩政に替え、センターバックの今野を左サイドバックに、長友を中盤に上げたのが功を奏し、最終ラインの高さを確保し、最後のセンタリングに繋がりました。

先発メンバー

このメンバーだと吉田が一番、若いのか。

[ 2011年1月30日 | カテゴリー: サッカー日本代表 | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報