ヨルダンに後半ロスタイムで追い付く(アジアカップ2011)

Pocket

アジアカップ2011が始まりました。

日本は予選リーグ初戦、ヨルダンと対戦。会場はドーハ(カタール)。
前半終了間際に、DF吉田が相手のシュートを防ごうと足を出したところ、コースが変わり、オウンゴールのような形で先制点を許します。
後半、ヨルダンはペナルティエリア内に常に7人以上がいるようなディフェンシブな状態。日本はこれをこじ開けられません。
後半ロスタイムにショートコーナーから長谷部がセンタリング、そこに上がっていた吉田が飛び込み、ヘディングシュート。これが決まり、1対1の同点。
辛くも追い付き、勝ち点1を得ました。

日本1-1ヨルダン

前田が先発でワントップでしたが見せ場がなく、後半から替わった李忠成も今一つ。
吉田は今野とセンターバックを務め、不運な「オウンゴール」以外は危ない場面はなく、前半にもオフサイドながらゴールを決めており、全体的に目立っていました。ポスト中澤としては合格点。

吉田麻也と林家木久蔵

日本はキックオフ直後からボールを支配し、ヨルダンを押し込む。横パスだけでなく縦にボールを入れ、本田圭、香川、松井らが早いリズムで仕掛け、ここに長友と内田も積極的に絡む。しかし、引いて守るヨルダンをなかなか崩せない。40分には香川が抜け出し決定機を迎えるも、GKシャフィのファインセーブに阻まれる。時間の経過とともに、ヨルダンも日本ゴールに迫るようになり、カウンターから活路を見いだす。すると、前半終了間際の45分、ハサンがワンチャンスを生かして日本のゴールネットを揺らす。日本はボールを支配しながらも、1点リードされてハーフタイムを迎えた。
1点ビハインドで後半を迎えた日本は、前田に代えてこの試合がデビュー戦となる李を投入して同点を目指す。それでもゴールが奪えないと見るや、ザッケローニ監督はすかさず岡崎を入れて前線を活性化させる。反撃に出る日本は、前半以上にヨルダンを押し込み、崩しにかかる。しかし、18分に長谷部が決定的なチャンスを逃すと、その後も本田圭、香川が果敢にシュートを狙ったが、ヨルダンの牙城を崩せない。このままタイムアップかと思われたが、ロスタイムに吉田がヘディングで起死回生の同点弾を決める。日本は格下のヨルダンに大苦戦を強いられるも、かろうじて勝ち点1を獲得。2大会ぶり4回目の優勝を狙うアジアカップでドロースタートを切った。(スポーツナビ)

[ 2011年1月9日 | カテゴリー: サッカー日本代表 | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報