二番打者最強説は本当か?

Pocket

野球は四番に最強打者を置くのがセオリーですが、最近は「二番に最強打者を置くのが正しい」という考えがあるそうです。
千葉ロッテは二番にマーティンを置いているので、これを踏まえているのは間違いないところです。
これを試してみます。
Pythonでシミュレーションしてみました。

ルール
一塁打、二塁打、三塁打、本塁打のときランナーはそれぞれ一つ、二つ、三つ、四つ進む。「二塁走者が単打で本塁生還」はなし。
併殺はなし。
エラーはなし。
代打はなし。

千葉ロッテの一般的な打順と成績は次のとおりです。成績は2020年のもの。レアードだけ2019年。

打順 名前 打席 安打 二塁打 三塁打 本塁打 四球 死球 三振 打率 長打率
1 荻野 236 59 17 0 1 24 2 23 0.291 0.389
2 マーティン 448 84 15 0 25 70 17 100 0.234 0.485
3 中村 499 105 25 0 8 52 8 97 0.249 0.365
4 安田 460 87 19 1 6 62 1 106 0.221 0.321
5 レアード 553 121 18 0 32 55 8 128 0.248 0.483
6 角中 254 53 9 3 2 24 5 41 0.244 0.341
7 井上 447 92 11 0 15 59 8 93 0.245 0.394
8 田村 237 44 7 0 4 20 3 45 0.217 0.310
9 藤岡 370 72 11 2 4 36 1 60 0.229 0.315

この成績ですべての打順に並べ替えて、それぞれ9イニングを100試合分ずつシミュレーションしました。
その上位5パターンの打順が次のとおりです。

角中 安田 井上 マーティン 藤岡 レアード 荻野 田村 中村 → 5.64
中村 レアード 井上 角中 マーティン 田村 荻野 安田 藤岡 → 5.58
レアード 田村 荻野 角中 藤岡 中村 安田 マーティン 井上 → 5.40
マーティン 井上 藤岡 田村 安田 荻野 中村 レアード 角中 → 5.22
田村 藤岡 マーティン 中村 井上 荻野 角中 安田 レアード → 5.22

うーん。規則性が見つかりません。
打率も長打率も最低の田村が先頭打者はないでしょう。
試行回数が少ないのか、データがイマイチなのか。
もう少し考えてみます。

[ 2021年6月6日 | カテゴリー: 野球 | タグ: ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報