定期券は週何回以上出勤すると得か?

Pocket

もうすぐ10月です。会社から定期代を支給されている人は定期券を買うことでしょう。
しかし、在宅勤務が増えた場合、定期券を買うと損するケースも出てきそうです。
東京のいくつかの路線で通常運賃と定期券のどちらが得か調べてみました。

運賃はIC、片道です。
営業日は2000年10月1日から2021年3月31日までで123日ありました。「営業日をカウントする「営業日数カウンター」」を参照してください。
週5回ならば123日、週4回ならば123*4/5=98.4日としています。
例えば上表のJRの週4回は往復を考慮して 814*2*123*4/5=160195 となります。
赤字は定期券の方が安い、黒字は運賃をその都度払う方が安い、となります。

結果は会社によって違います。
JRは定期券の割引率が高いです。週3回以上の出勤ならば定期券の方が得です。
逆に東京メトロと京王は割引率が低く週5回以上の出勤ならば定期券の方が得、週4回以下の出勤ならば通常運賃の方が得、となります。

[ 2020年9月14日 | カテゴリー: 生活 | タグ: ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報