確定申告で「医療費集計フォーム」は不要?

Pocket

国税庁のサイトで確定申告書を作成できます。
今年も使ってみたのですが、戸惑った点があったので、紹介します。

基本的に指示通り進めていけば確定申告書がPDFで作成されます。
途中で医療費を入力する場面があります。そこに「医療費集計フォーム」が登場します。

「医療費集計フォーム」をGoogleで検索

昨年もExcelで明細書を作っていたのですが、様式が変わっています。「医療費集計フォーム」は病院等に行った年月日と病院の住所を入力する必要があります。住所はともかく年月日を入力するのは面倒です。
流れからすると、このフォームを使わないとダメなようにも思えます。

調べてみると昨年と同様でOKでした。つまり「医療費集計フォーム」は不要です。

「明細書・計算明細書等」をGoogleで検索

ここに「平成 年分 医療費の明細書」というのがあります。この様式は以前と同じです。年月日等の記入は不要です。(現在は「医療費控除の明細書」となっています。2020年1月10日追記)
つまり昨年度と同じようにExcelで別途明細書を作り、領収書を添付して提出するという方法でよさそうです。

「医療費集計フォーム」はe-Tax用に準備されたもので「e-Taxでない人も使えますよ」という程度の話のようです。

[ 2014年3月6日 | カテゴリー: 生活 | タグ: , ]

« | »

コメント

  1. ht より:

    THX 4 good comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報