言語によってVS Codeの設定を変える方法

Pocket

私はVS Codeを使う際に、タブキーを押すとスペースが挿入されるような設定にしています。
コードを書くときはインデントをスペースにしたいからです。
しかしTSV(タブ区切りテキスト)を編集するときでも、タブキーを押すとスペースが挿入されてしまいます。これは困ります。タブで区切れないのですから。
実は、VS Codeは、特定の言語、拡張子の場合だけ、別の設定をすることができます。
TSVのときだけタブが挿入されるようにする方法を紹介しますが、他の言語や機能についても同様に設定できます。

shift+command+Pでコマンドパレットを開きます。
「Preferences: Configure language specific settings」を入力・選択します。
「TSV」を選択します。
「settings.json」が開きます。

ユーザーによって細かい点は異なると思いますが、次のようになっています。
tsvの設定をする箇所あります。

{
  "editor.renderWhitespace": "all",
  "window.zoomLevel": 1,
  "editor.tabSize": 2,
  (省略)
  "editor.fontSize": 14,
  "[tsv]": {
  }
}

ここに

"editor.insertSpaces": false

と入力します。trueにするとタブキーを押すとスペースが挿入されるので、逆にfalseにしてタブキーを押すとそのままタブが挿入されるようにします。
次のようになります。

{
  "editor.renderWhitespace": "all",
  "window.zoomLevel": 1,
  "editor.tabSize": 2,
  (省略)
  "editor.fontSize": 14,
  "[tsv]": {
    "editor.insertSpaces": false
  }
}

関連記事

[ 2019年9月7日 | カテゴリー: デジタル | タグ: ]

« |

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報