DeepL API Free入門

Pocket

DeepL API の無料プランを使ってみます。
クレジットカード番号を登録する部分がありますが1カ月で50万文字までは無料で使えます。


目次


登録

次のページを開く。https://www.deepl.com/ja/docs-api/
「無料で体験する」をクリック。
「開発者向け」をクリック。
「無料で登録する」をクリック。
メールアドレスとパスワードを入力して「続行」をクリック。
氏名、住所、クレジットカード番号を入力して「続行」をクリック。

認証キー

次のページを開く。https://www.deepl.com/pro-account/plan
「アカウント」をクリック。
「DeepL APIで使用する認証キー」に表示される認証キーを使用する。

GETを使う場合

GETを使う場合は次のようにします。簡単ですが認証キーが丸見えです。

URLを次のようにします。
https://api-free.deepl.com/v2/translate?auth_key=9999b99b-b999-9999-bb99-9bb99b9b999b:bb&text=吾輩は猫である&target_lang=EN

URL: https://api-free.deepl.com/v2/translate
auth_key: 認証キー
text: 日本語の文章
target_lang: 変換先の言語(EN: 英語)

結果は次のとおりとなります。

{"translations":[{"detected_source_language":"JA","text":"I am a cat"}]}

POSTを使う場合(PHP)

$url = "https://api-free.deepl.com/v2/translate";
$data = array(
  "auth_key" => "9999b99b-b999-9999-bb99-9bb99b9b999b:bb",
  "text" => "吾輩は猫である",
  "target_lang" => "EN"
);
$data = http_build_query($data, "", "&");
$header = array(
  "Content-Type: application/x-www-form-urlencoded",
  "Content-Length: " . strlen($data)
);
$context = array(
  "http" => array(
    "method" => "POST",
    "header" => implode("\r\n", $header),
    "content" => $data
  )
);
$html = file_get_contents($url, false, stream_context_create($context));
print $html;

POSTを使う場合(PHP)

import requests

url = "https://api-free.deepl.com/v2/translate"
params = {
  "auth_key": "9999b99b-b999-9999-bb99-9bb99b9b999b:bb",
  "text": "吾輩は猫である",
  "target_lang": "EN"}

response = requests.post(
  url,
  data=params)

result= response.json()
print(result)

[ 2022年1月31日 | カテゴリー: デジタル | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報