Pythonで文字列に色を付けて出力する方法

Pocket

Macのターミナルは基本的には単色です。
coloramaを使うと簡単にできたのでメモとして残しておきます。

colorama · PyPI

coloramaをインストールします。

$ pip install colorama

エディタで次のように書きます。

from colorama import Fore, Back, Style

text = "この部分はノーマルです。"
print(text)

text = "この部分は青で表示されます。"
print(Fore.BLUE + text + Style.RESET_ALL)

text = "この部分は緑で表示されます。"
print(Fore.GREEN + text + Style.RESET_ALL)

例えば「sample_colorama.py」としてPythonが使えるディレクトリに保存します。
ターミナルで次のように入力します。

$ python3 sample_colorama.py

次のように表示されます。

Foreは文字色、Backは背景色です。
StyleはDIMとすると灰色で表示されました。BRIGHTとすると太い青で表示されました。

Fore: BLACK, RED, GREEN, YELLOW, BLUE, MAGENTA, CYAN, WHITE, RESET.
Back: BLACK, RED, GREEN, YELLOW, BLUE, MAGENTA, CYAN, WHITE, RESET.
Style: DIM, NORMAL, BRIGHT, RESET_ALL

関連記事

[ 2019年9月7日 | カテゴリー: デジタル | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報