BalaReva.Excel.Activitiesの使い方

Pocket

UiPathにはExcelを操作するアクティビティが標準で準備されていますが、さらに簡単に使うためのアクティビティとして「BalaReva.Excel.Activities」というものがあります。

https://gallery.uipath.com/packages/BalaReva.Excel.Activities

使えるアクティビティを紹介します。なお他にもグラフを描くためのアクティビティなどもありますが割愛します。

WorkBook

Create WorkBook

新規にワークブックを作成する。ファイル名が同じものがあれば上書き。
シートを一つ作成する。

Get Sheets Name

既存のワークブックのシート名を配列で取得する。型はString[]。

Set Password

既存のワークブックにパスワードをセットできる。
File Passwordには既存のワークブックにパスワードがセットされている場合、これを開くためのパスワードを指定する。
New Passwordには新しいパスワードを指定する。
このアクティビティを実行すると、ワークブックはパスワードがセットされた状態になる。ワークブックは開かれない。

Others

Excel To Access

調査中。

Merge Cells

セルの結合。
Cell Textには表示する文字列をセットする。
Merge Rangeにはセルの結合をする範囲を指定する。「"A1:B2"」のようにする。

Rename Work Sheet

シート名を変更する。
Sheet Nameに変更前のシート名をセットする。
New Sheet Nameに変更後のシート名をセットする。

UnMerge Cells

セルの結合を解除する。
UnMerge Rangeにはセルの結合を解除する範囲を指定する。「"A1:B2"」のようにする。

External

Clipboard To Datatable

コピーしたデータをデータテーブルに変換。
Add HeaderにTrueをセットすると先頭行が見出しになる。

Copy Data

セル範囲をコピーする(クリップボードにセットする)。
Copy Rangeにセル範囲を指定する。「"A1:B2"」のようにする。
開いている状態のExcelファイルではなく保存された状態のExcelファイルからコピーされることに注意する。

Delete Data

セル範囲のデータを削除する。

Sheets

Add Sheet

既存のワークブックにシートを追加する。

Copy To File

既存のファイルのシートを別のファイルにコピーする。
Auto File CreationをTrueにしておくとコピー先のファイルがない場合、新規作成する。
File Pathにコピー元のファイル名、Sheet Nameにコピー元のシート名、New File Pathにコピー先のファイル名をセットする。

Copy To WorkBook

既存のワークブックのシートを同じシートにコピーする。

Delete Sheet

既存のワークブックのシートを削除する。

HideUnhide

既存のワークブックのシートを非表示、再表示にする。
Sheet VisibilityをHiddenにすると非表示、Visibleにすると再表示。

Insert Image

シートに画像を挿入する。
画像の挿入は左上の位置とサイズを指定する。

Insert Table Format

調査中。

Protect UnProtect

シートの保護を行う。

ハイパーリンクを除去する。
元の文字列は残る。

Hide UnHide

Column

Column Namesに列番号を配列(文字列)で指定する。
「{"B","D:F"}」のように指定する。連続した列はコロンを使って指定できる。

Row

Row Numbersに行番号を配列(数値)で指定する。
「{2,4,5,6}」のように指定する。「{"2","4:6"}」という指定はできない。

関連記事

[ 2018年10月17日 | カテゴリー: デジタル | タグ: ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報