Calcでグラフを作成

LibreOfficeでグラフを作る方法について基本的なところをまとめます。OpenOfficeでも同様だと思います。
バージョン3.6.4.3で確認しました。 (さらに…)

Calcで複合グラフ

OpenOfficeを使っていましたが今はLibreOffice(3.6.3.2)を使っています。

Excelでは棒グラフと折れ線グラフを組み合わせた「複合グラフ」を作ることができます。
You Look Too Cool » Excelで複合グラフ

Calcで複合グラフを作るには次のようにします。 (さらに…)

名選手の記録を比較できる「プロ野球個人記録グラフ」

プロ野球選手の個人記録をグラフ表示するページを作りました。

プロ野球個人記録グラフ

グラフ描画にはGoogle Chartを使っています。


野村、長嶋、張本、王

同時期に活躍した打者です。長嶋の引退がかなり早いことが分かります。


杉浦、稲尾、権藤

短期間に大活躍した投手です。特に権藤が新人の時から酷使されていたことが分かります。

Excelで複合グラフ

一つのグラフの中に棒グラフと折れ線グラフが混在するグラフをExcelでは複合グラフと呼びます。

年毎の契約数と売上高の表があるものとします。
契約数を棒グラフ、売上高を折れ線グラフという複合グラフを作る手順は次の通りです。Excel2007で確認しました。

  1. A列に年、B列に契約数、C列に売上高という表を作る。
  2. 表を選択して、挿入-グラフ-縦棒-適当なグラフを選択。
  3. デザイン-データ-データの選択。
  4. ダイアログで「年」を選択して削除。横軸ラベルの編集をクリックしてからシート上の「年」の範囲を選択。OK。
  5. レイアウト-現在の選択範囲-「売上高」を選択。
  6. 選択対象の書式設定-ダイアログで使用する軸として第2軸にチェック。閉じる。
  7. デザイン-種類-グラフの種類の変更-折れ線を選択。

24時間テレビの募金額の推移

今年の「24時間テレビ」の募金額は2億8千万円だったそうです。 (さらに…)

WindowsでGraphvizを使う

DOT言語でテキストを書いてグラフを画像として出力するのに、GraphViz Charts — Google Developersを使っていたのですが、日本語に対応していないので、別の方法を探していました。
今回、本家のソフトを使ったところ、日本語が使えたので紹介します。Windows7で確認しました。 (さらに…)

折れ線グラフを簡単に作れる「GoogleChartメーカー」

Google Chart Toolsを使ってCSVから折れ線グラフを作るツールを作りました。

GoogleChartメーカー

作ったグラフはブログなどに貼り付けることができます。

プロ野球順位グラフ

前に作ったのですが、動作が安定したので、公開します。

プロ野球順位グラフ

プロ野球の順位の推移を示すグラフを表示します。
試しに昨日までの状況を示すとこんな感じ。

セントラル・リーグ

パシフィック・リーグ

プロ野球の順位の推移(2012年序盤)

今年のプロ野球の順位の推移をグラフにしてみました。

パシフィック・リーグ


ロッテが首位。3強3弱という図式でしたが楽天が追い上げてきました。

セントラル・リーグ


こちらは2強。DeNAの弱さが際立つ感じ。

歴代首相と日経平均株価

Google Chartを使って、日本の歴代の首相と日経平均株価の関係をグラフにしてみました。

歴代首相と日経平均株価

日経平均株価は鳩山一郎首相のときに始まります。
佐藤栄作、中曽根康弘、竹下登のときに大きく上昇しています。首相期間が長いと変動が大きくなるのは当たり前ですが。
そして、海部俊樹、宮沢喜一、橋本龍太郎のときに大きく下げます。
小渕恵三で少し上がりますが、森喜朗以降はほぼ下降しています。
このグラフを見ると、竹下首相のときに消費税導入に成功したのも分かる気がします。

新しい記事 | 古い記事

タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報