ロッテ、日本シリーズ優勝(2010年)

千葉ロッテマリーンズが中日ドラゴンズを下し日本シリーズを制しました。 (さらに…)

日本シリーズ第6戦は引き分け(2010年)

日本シリーズ第6戦、ロッテは成瀬、中日はチェンが先発。 (さらに…)

日本シリーズ第5戦、ロッテが快勝、3勝2敗に(2010年)

ロッテはペンが先発。中日は中田。

1回表、大島が四球。森野の強いサードゴロを今江が捕れず二塁打に。二三塁で和田がレフトに犠牲フライで先取点。0対1。
1回裏、西岡がセカンド堂上のエラーで出塁。井口がヒット。サブローが内野安打。二死満塁で今江がタイムリー二塁打。西岡、井口が生還し、逆転。続く福浦がヒットでサブローが生還。続くキムもヒットで今江が生還。一挙4得点。4対1。
4回裏、西岡がヒットで出塁。清田が送りバント。サブローがツーラン。6対1。
5回裏、キム、里崎、岡田が3連続安打で満塁。西岡が犠牲フライでキムが生還。里崎が好走塁で三塁へ、岡田も二塁へ。二死二三塁で清田がヒット、里崎と岡田が生還。9対1。
6回表、大島、森野が連続安打。一死一二塁でブランコが二塁打。大島が生還。9対2。ここでペンが降板。
7回裏、キムがヒット、今日4安打。岡田が四球で出塁。西岡のセンターフライでキムの代走塀内が三塁へ。中日のピッチャー清水が暴投で塀内がホームイン。10対2。
8回表、二死から和田がヒット。ブランコがツーラン。10対4。
9回表、小林宏之が登板。堂上剛が四球。代打中田亮が三振の間に堂上剛は二塁へ。堂上直がヒットで一死一三塁。ランナーが両方とも堂上。荒木がサードファウルフライ、大島がセンターフライで何とか抑え、ゲームセット。

キム・テギュンが4安打と調子を戻したのが大きいです。
一方、中日のブランコも二塁打、本塁打と調子を出してきてしまったのが不安要素。
次の第6戦はナゴヤドームに戻ります。第1戦同様、勝てるか。

Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
中日 1 0 0 0 0 1 0 2 0 4
ロッテ 4 0 0 2 3 0 1 0 x 10

ロッテが先発全員の15安打で10点を挙げ大勝した。0-1の一回に今江の2点二塁打で逆転。続く福浦、金泰均が連続適時打と5連続長短打で計4点を奪った。中盤以降もサブローの2ラン、清田の2点適時打などで着実に加点。ペンは六回途中2失点と好投。
中日は中田賢が13安打を浴びて5回で9失点。攻撃も一方的な展開となってから淡泊になった。(サンスポ)

日本シリーズ第4戦、ロッテ、延長戦の末、敗れる(2010年)

ロッテは唐川が先発。中日は山本昌。

3回裏、岡田がヒットで出塁。西岡がタイムリー二塁打で岡田が生還し先取点。井口がライトスタンドに流し打ちのツーランで3対0。
4回表、森野がレフトへライナーを打ち、清田が突っ込んで弾いてしまう。岡田のカバーがなく、森野は三塁まで走る。和田がタイムリー二塁打を打ち、森野が生還。ブランコのライトフライで和田が三塁に。先発の唐川が古谷に交代したものの野本が犠牲フライで3対2。古谷から小野に交代。
5回表、小野のエラーで谷繁が出塁。大島は死球。荒木がバントしたところ一塁カバーがなく無死満塁。井端の併殺打の間に谷繁が生還。3対3。
10回裏、清田が四球で出塁、井口がライトへヒット、英智が逸らして二三塁。ファーストのブランコを下げ、サードの森野がファーストに、堂上がサードに。今江が敬遠で一死満塁。福浦のサードライナーを堂上がベースに足を付けたまま捕球しダブルプレー。
11回表、英智がヒットで出塁。谷繁が送りバント。大島が前進守備のセンター岡田の頭を越すタイムリー三塁打で英智が生還。3対4。

ポイントは三つ。
10回裏の福浦のサードライナーがダブルプレーになったこと。もし森野がそのままサードを守っていたらどうなっていたか分かりません。
岡田の守備。4回表、清田を上手くカバーしていれば森野の三塁打は防げたはず。11回表、捕れない打球ではなかったと思います。
5回表の小野の二つのミス。エラーは仕方がないとしても荒木のバントの場面は実はサインプレーで二塁に牽制するはずが投球してしまったもの。この手のミスがあると勝てません。

これで2勝2敗となりました。
ロッテは負けましたが、試合としてはとても面白かったです。

Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R
中日 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 1 4
ロッテ 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3

中日が4時間41分に及ぶ熱戦を制し、対戦成績を2勝2敗とした。試合は1点を追う中日が5回表、併殺打の間に同点とすると、3-3のまま延長戦へ突入。迎えた11回、中日が英智の安打を足がかりに2死二塁の好機をつくると、大島がセンターへ適時打を放ち試合を決めた。

渡辺俊介が好投、ロッテ2勝目(2010年、日本シリーズ)

日本シリーズ第3戦はマリンスタジアム。一か月ぶりに千葉に帰ってきました。まさか西村監督の言葉が現実になるとは。

投手陣の調子のよさから考えると渡辺俊介は2番手で先発するはずですが、マリンスタジアムとの相性がよいということで第2戦ではなく第3戦に先発。
地の利を生かして、1失点、5安打に抑え、97球無四球完投。クライマックスシリーズから調子を上げて日本シリーズも好調を維持。中日打線は相当、苦戦していました。
一方、中日の先発は山井。制球が定まらず4回途中で降板。

3回表、谷繁がヒットで出塁。大島のライト前ヒットで谷繁は三塁に進み、続く荒木のレフトフライで谷繁がタッチアップから生還。中日が先制。
3回裏、ヒットで出塁した西岡を清田が送り、サブローのタイムリーで西岡が生還。すぐに同点に。
4回表、先頭の森野がヒットで出塁したものの続く和田がショートゴロでダブルプレー。好調和田を抑えたのは大きい。これ以降、中日はほとんど打てず。
4回裏、先頭の福浦が二塁打。キムが四球で一二塁。里崎がスリーボールから送りバント。岡田は倒れたものの西岡がまたもや四球。この辺り、ストライクが入りません。満塁で清田が2ボールから打ち、センターオーバーの三塁打。普通は四球を選んで、押し出し、自滅を狙うでしょうが、打ってしまうのが清田のすごいところ。走者一掃で4対1。
続く井口は二塁打で清田が生還し5対1。ここで山井が降板。中日にしては遅い継投。
7回裏、好調井口がまたもや二塁打。続くサブローが四球。投手清水の暴投で二三塁。今江、福浦が連続して犠牲フライを打ち、井口、サブローが生還し、7対1。

ルーキーの清田は2005年の今江のようなラッキーボーイ的存在になってきました。
調子の悪かったサブローにヒットが出て、上位打線が繋がるように。
あとは西岡とキム・テギュンと里崎。里崎はリードで貢献しておりバントは続けて成功しているから良しとしても、西岡とキムの調子が戻りません。特にキムについては一発狙いでいいと思いますが。

Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
中日 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
ロッテ 0 0 1 4 0 0 2 0 x 7

本拠地に戻ったロッテが快勝し、対戦成績を2勝1敗とした。ロッテは同点で迎えた4回裏、清田の適時三塁打などで4点の勝ち越しに成功。7回には今江の犠飛などで加点した。先発・渡辺俊は1失点で完投勝利。敗れた中日は、先発・山井が4回途中5失点で降板と誤算だった。

第2戦はロッテの負け

日本シリーズ第2戦は先発のマーフィーが2回までに6失点でKO。これで勝負が決まりました。

Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
ロッテ 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
中日 4 3 3 0 0 2 0 0 x 12

投打のかみ合った中日が大勝し対戦成績を1勝1敗とした。中日は1回裏、和田、大島の適時打などで4点を先制。2回に再び和田の適時打などで3点を追加すると、続く3回にも3点を追加し、序盤で大きくリードを広げた。投げては、先発・チェンが6回1失点の好投を見せた。

日本シリーズ初戦はロッテの勝ち(2010年)

今日からロッテと中日の日本シリーズが始まりました。
打のロッテと投の中日の対決、という評価がされています。
落合監督と西村監督は、ロッテ時代の先輩後輩の関係。
落合監督は1979年から1986年までロッテに在籍。中日、巨人、日本ハムと渡り歩いて中日の監督に。現在56歳。
西村監督はロッテの生え抜き。1982年から1997年まで現役。現在50歳。
落合が3度目の三冠王になったロッテ最後の年に、西村は初めての盗塁王。5年間、同じチームでプレーしました。 (さらに…)


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報