日本シリーズ第5戦、ロッテが快勝、3勝2敗に(2010年)

Pocket

ロッテはペンが先発。中日は中田。

1回表、大島が四球。森野の強いサードゴロを今江が捕れず二塁打に。二三塁で和田がレフトに犠牲フライで先取点。0対1。
1回裏、西岡がセカンド堂上のエラーで出塁。井口がヒット。サブローが内野安打。二死満塁で今江がタイムリー二塁打。西岡、井口が生還し、逆転。続く福浦がヒットでサブローが生還。続くキムもヒットで今江が生還。一挙4得点。4対1。
4回裏、西岡がヒットで出塁。清田が送りバント。サブローがツーラン。6対1。
5回裏、キム、里崎、岡田が3連続安打で満塁。西岡が犠牲フライでキムが生還。里崎が好走塁で三塁へ、岡田も二塁へ。二死二三塁で清田がヒット、里崎と岡田が生還。9対1。
6回表、大島、森野が連続安打。一死一二塁でブランコが二塁打。大島が生還。9対2。ここでペンが降板。
7回裏、キムがヒット、今日4安打。岡田が四球で出塁。西岡のセンターフライでキムの代走塀内が三塁へ。中日のピッチャー清水が暴投で塀内がホームイン。10対2。
8回表、二死から和田がヒット。ブランコがツーラン。10対4。
9回表、小林宏之が登板。堂上剛が四球。代打中田亮が三振の間に堂上剛は二塁へ。堂上直がヒットで一死一三塁。ランナーが両方とも堂上。荒木がサードファウルフライ、大島がセンターフライで何とか抑え、ゲームセット。

キム・テギュンが4安打と調子を戻したのが大きいです。
一方、中日のブランコも二塁打、本塁打と調子を出してきてしまったのが不安要素。
次の第6戦はナゴヤドームに戻ります。第1戦同様、勝てるか。

Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
中日 1 0 0 0 0 1 0 2 0 4
ロッテ 4 0 0 2 3 0 1 0 x 10

ロッテが先発全員の15安打で10点を挙げ大勝した。0-1の一回に今江の2点二塁打で逆転。続く福浦、金泰均が連続適時打と5連続長短打で計4点を奪った。中盤以降もサブローの2ラン、清田の2点適時打などで着実に加点。ペンは六回途中2失点と好投。
中日は中田賢が13安打を浴びて5回で9失点。攻撃も一方的な展開となってから淡泊になった。(サンスポ)

[ 2010年11月4日 | カテゴリー: マリーンズ | タグ: , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報