「メジャーリーグではノーヒットノーランが達成されやすい」は本当か

Pocket

2015年8月12日にメジャーリーグで岩隈久志がノーヒットノーランを達成しました。
今シーズン、既に4人目。
メジャーリーグでは頻繁にノーヒットノーランが達成されるような気がします。
日本プロ野球と比較してみました。

マリナーズの岩隈は12日、シアトルで行われたオリオールズ戦に先発しノーヒットノーランを達成。今季11試合目の登板で4勝目(2敗)をマークした。9回116球を投げ無安打、3四球、7奪三振の快投で、メジャーリーグの日本人選手としては野茂英雄が1996年9月7日(ドジャース、対ロッキーズ)、2001年4月4日(レッドソックス、対オリオールズ)に達成して以来3度目の快挙となった。今季の大リーグでは7月25日にフィリーズ・ハメルズが達成して以来4人目となる。(スポニチ、2015-8-13)

1990年以降のノーヒットノーランについて年度別に数えてみました。
注意する点はメジャーでは「ノーヒッター」と言って、ノーヒットであれば失点が許されます。しかも負けてもいいそうです。これでも「ノーヒットノーラン」と同様に賞賛されます。
しかし、これでは日本と比較にならないので、メジャーについても「ノーヒットノーラン」のみをカウントしました。

メジャーリーグ

総試合数 ノーヒットノーラン
1990 2106 6 0.28%
1991 2106 5 0.24%
1992 2106 1 0.05%
1993 2268 2 0.09%
1994 2268 3 0.13%
1995 2268 1 0.04%
1996 2268 3 0.13%
1997 2268 1 0.04%
1998 2430 1 0.04%
1999 2430 3 0.12%
2000 2430 0 0.00%
2001 2430 3 0.12%
2002 2430 1 0.04%
2003 2430 1 0.04%
2004 2430 1 0.04%
2005 2430 0 0.00%
2006 2430 1 0.04%
2007 2430 3 0.12%
2008 2430 2 0.08%
2009 2430 2 0.08%
2010 2430 6 0.25%
2011 2430 2 0.08%
2012 2430 6 0.25%
2013 2430 3 0.12%
2014 2430 4 0.16%
合計 58968 61 0.10%

メジャーリーグは1990年は26チーム、1993年に28チームに増え、1998年から30チームです。
試合数はよく分からないので1チーム162試合としました。

日本プロ野球

総試合数 ノーヒットノーラン
1990 780 1 0.13%
1991 780 0 0.00%
1992 780 1 0.13%
1993 780 0 0.00%
1994 780 1 0.13%
1995 780 3 0.38%
1996 780 2 0.26%
1997 810 1 0.12%
1998 810 1 0.12%
1999 810 1 0.12%
2000 810 2 0.25%
2001 840 0 0.00%
2002 840 1 0.12%
2003 840 0 0.00%
2004 840 1 0.12%
2005 876 0 0.00%
2006 876 2 0.23%
2007 864 0 0.00%
2008 864 0 0.00%
2009 864 0 0.00%
2010 864 0 0.00%
2011 864 0 0.00%
2012 864 3 0.35%
2013 864 1 0.12%
2014 864 1 0.12%
合計 20724 22 0.11%

日本プロ野球は長く年間130試合で、1997年から135試合、2001年から140試合、2005年から146試合、2007年から144試合です。なお2015年からは143試合です。

比較

メジャーは58968試合のうちノーヒットノーランが61試合で割合は0.10%でした。
一方、日本プロ野球は20724試合のうちノーヒットノーランが22試合で割合は0.11%でした。
ノーヒットノーランが達成される頻度は日米でほぼ同じというのが結論です。
メジャーは試合数が3倍なのでノーヒットノーランも3倍になるというわけです。

[ 2015年8月14日 | カテゴリー: 野球 | タグ: , , , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報