ベネッセからの詫び状全文

Pocket

先ほど速達で我が家にもベネッセからの詫び状が届きました。
最近、購入したScanSnapでPDFにしてテキスト化してみたところ、驚くほど変換が正確でしたので、載せてみます。
改行と右寄せを修正しただけです。

2014年7月15日

個人情報漏えいについてのお詫び

このたび弊社がお預かりしている顧客個人情報が社外に流出することで、多大なるご心配とご迷惑をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます。
弊社内の調査の結果、このご案内をお送りしているお客様の個人情報が、漏えいしていることが判明いたしました。重ねてお詫びいたします。

お客様におかれましては、弊社からのご案内が不要とのご連絡をいただいておりました。そのご意思に沿い、ダイレクトメール等の弊社からのご案内が届くことのないようにしております。一方でお客様からのご連絡や過去のご利用に対するお問い合わせに対応させていただくため、お客様の情報そのものは引き続き保存させていただいておりました。その情報が今回漏えいいたしました。

本当にこのたびは申し訳ございません。心より深くお詫び申し上げます。

1.漏えいしたお客様情報

漏えいしたことが確認された情報項目は以下の通りです。
●郵便番号
●お客様(お子様とその保護者)のお名前(漢字およびフリガナ)
●ご住所
●電話番号(固定電話番号または携帯電話番号)
●お子様の生年月日・性別
クレジットカード番号・有効期限、金融機関の口座情報、成績情報などの前述項目以外の漏えいは確認されておりません。

2.本件に対する経緯と弊社の取り組みについて

弊社お客様宛に他社からのダイレクトメールが大量に届き始めた本年6月末以降、お客様から弊社にお問い合わせを多くいただくようになりました。
弊社といたしましては、その時点より警察、個人情報の管轄官庁である経済産業省へ相談を行い、真相解明に努めてまいりました。
現在は、警察による本格的な捜査が開始されておりますので、真相解明に向けて、警察の捜査に全面的に協力をさせていただいております。

しかしながら、弊社の特定のデータベースからお客様の大切な個人情報が漏えいしてしまったことは事実であり、早急な原因究明とともに、今後のセキュリティの強化に向けては、外部の情報セキュリティ専門会社による全面的なチェック・監査を受け、二度とこのようなことが起こることのないように、社長を最高責任者とする特別チームを作り、全力をあげて取り組んでまいります。

3.お客様への対応について

弊社では、お客様情報の漏えいの原因究明と漏えいした情報が悪用されることによるお客様の二次的被害防止を最優先して取り組んでまいります。今回、お客様情報が漏えいしたデータベースの稼働を停止し、さらなる漏えいを発生させない措置が完了しております。
また、現在弊社サービスをご利用いただいている方へのサービスの提供およびサポートは継続いたしますが、通信教育サービス等の新たなお客様への販売促進活動は、今後、情報セキュリティ専門会社による監査において安全性が確認されるまでの間、停止いたします。

お客様の個人情報、とりわけお子様の個人情報を漏えいしてしまったこと、改めて心よりお詫び申し上げます。弊社といたしましても、現在弊社の企業責任のあり方の深い議論を進めております。
警察による捜査とともに全容が明らかになり、お客様に対して弊社がどのような対応をさせていただけるかが明確になり次第、速やかにお伝えできるように努めてまいります。
何卒、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

また、今後も調査の進捗等について、新たにお伝えすべき状況になり次第、ホームページなどにて随時ご報告を行ってまいります。
本件に関しましてお問い合わせなどございましたら、下記窓口までご連絡くださいますようお願い申し上げます。

このたびは多大なるご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。
心より深くお詫び申し上げます。

株式会社ベネッセホールデイングス
代表取締役会長兼社長原田泳幸
株式会社ベネッセコーポレーション
代表取締役社長小林仁
お問い合わせ先:個人情報保護窓口
0120‐924721(受付時間10:00~21:00)
※土日・祝日も受け付けております

[ 2014年7月19日 | カテゴリー: 生活 | タグ: , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報