川崎市と横浜市の白地図

Pocket

1月7日に川崎市川崎区の横浜地検川崎支部から逃走した容疑者が、9日に横浜市泉区で確保されました。
2日間でどれほど逃げたのか。川崎市と横浜市の白地図で確認してみました。

市民でないと何区がどこにあるのか分かりません。私は元川崎市民ですが分かりません。
東京都の南にあるのが細長い川崎市です。その南が横浜市で、バランスよくまとまっている印象です。
逃走元の川崎市川崎区は海に接しています。一方、逃走先の横浜市泉区は内陸部です。
2日間の逃走にしてはよく逃げたと見るのか、まだそこにいたのか、と見るのか。いずれにしても検察の大失態であり、近隣の学校、住民にも少なからず影響を与えたわけで、関係者にどのような処分がされるのか、容疑者の逃走手段、経路や幇助した者の存在などと併せて、今後の展開が興味深いです。

[ 2014年1月9日 | カテゴリー: 社会 | タグ: , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報