iPhoneで眼鏡を探す

Pocket

近眼の人が眼鏡を探すとなると一苦労です。
サングラスならばともかく通常の眼鏡はパーツの大部分が透明ですから見ても分からないことがあります。目で見るより手探りの方が早いです。
そこでこんな方法が紹介されていました。

メガネをどこに置き忘れたか分からない時に携帯のカメラで探し出す賢い方法 : ライフハッカー[日本版]

これ「カメラで撮る」と書かれていますが、正しくは「カメラを使ってディスプレイに映して見る」ではないでしょうか。
近眼は、物が見えないわけではなく、遠くの物にピントが合わないだけです。近くの物ならばピントが合って見ることができます。
iPhoneなどのディスプレイは大きいですし手元にあるのではっきり見ることができます。
そこでカメラ機能を起動させて周囲にレンズを向けながらディスプレイを覗きます。これならば裸眼でも周囲をはっきりと見ることができます。

しかし実際は眼鏡をなくすより携帯電話をなくすことの方が多いこと。私の場合、眼鏡をなくしたことはありません。

なお、この考えを発展させれば、デジタルメガネが今後、登場するかもしれません。
小型・薄型のディスプレイとカメラを2個ずつメガネのように組み合わせるだけです。これで眼鏡の代わりになります。
付加価値としては、「ズーム!」と叫べば双眼鏡の代わりに、「テレビ!」と叫べば3Dテレビの代わりになります。
「撮影!」と叫べばカメラの代わりに、と言うより、装着している間、常にビデオ撮影しておいてくれれば後で役に立つかもしれません。スパイカメラとして既にあるような気がしますが。

[ 2012年1月14日 | カテゴリー: 小ネタ | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報