「がおか」で最も多いのは「緑ケ丘」

Pocket

全国に「○○ケ丘」という地名はたくさんあります。
しかし「ケ丘」と書く場合と「が丘」と書く場合があります。どちらが多いのか、調べてみました。

ベースにしたのは郵便番号データベース。日本郵便のウェブサイトで入手できます。

郵便番号データダウンロード - 日本郵便

元となるレコードは123206件。※2011年12月28日。
半角で「ガオカ」を含むレコードは1428件。
「長岡」などを除くと1388件。
丁目などでレコードが分かれていることがあるので同一市区町村で重複するものを除くと1199件。これをベースにします。

「ケ」「が」

まず「○○ケ丘」「○○が丘」のどちらが多いかを調べます。

627
428
(なし) 86
32
26

「○○丘」で「○○がおか」と読む地名がありますので、これが「(なし)」です。
「ケ」がおおいですが「が」も多いです。
小さい「ヶ」もありますが、郵便番号データ上は少数派です。

「丘」「岡」

「丘」でなく「岡」を使うケースもあります。

1147
51
1

1件だけあるのが「岳」。
福島県伊達市の「梁川町桜岳」です。これで「やながわまちさくらがおか」と読むそうです。

「緑」「桜」「旭」

では「○○ケ丘」の「○○」を調べてみます。

124
78
57
38
自由 23
21
つつじ 20
19
希望 19
朝日 17
16
ひばり 15
14
富士見 13
12
11
11
10
10
清水 9

上位20位までです。
「緑ケ丘」が最も多いという結果になりました。

なお、今回の集計では「○○緑ケ丘」など最初に地名が付く場合は別にカウントしています。
例えば「大曲緑ケ丘」は「大曲緑」として「緑」とは別にカウントしました。

ちなみに日本でもっとも有名な「がおか」である東京都目黒区の「自由が丘」は「ケ」ではなく「が」です。

[ 2012年1月12日 | カテゴリー: 豆知識 | タグ: , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報