Bing APIを使う

Pocket

BingもGoogleやYahoo!と同様にAPIがあります。
IDを取得すれば、簡単に使うことができます。
使い方は次の通りです。

2019年6月4日追記
しばらく使わない間に使用方法が大幅に変わってしまいましたが、一応、残しておきます。


IDの取得

まず自分のIDを取得しておきます。
開発者 - Bing

ウェブ検索

次のようなURLを与えます。

http://api.search.live.net/json.aspx?Appid={ID}&sources=web&query={検索語}

すると次のようなデータ(JSON形式)が得られます。
実際は改行がなく見づらいので適当に改行を入れてあります。

{"SearchResponse":{
  "Version":"2.2",
  "Query":{
    "SearchTerms":"検索語"},
  "Web":{
    "Total":101000000,
    "Offset":0,
    "Results":[{
      "Title":"ページのタイトル",
      "Description":"ページの内容",
      "Url":"http:\/\/www.***.com\/",
      "CacheUrl":"http:\/\/cc.bingj.com\/cache.aspx?q=***",
      "DisplayUrl":"www.***.com",
      "DateTime":"2011-11-16T10:06:00Z",
      "DeepLinks":[{
        "Title":"下の階層のタイトル",
        "Url":"http:\/\/www.***.com\/next"}]}]}}}

PHPであれば、file_get_contentsを使って結果を取得し、json_decodeを使って配列に変換することで、簡単に利用することができます。

画像検索

画像検索も同様です。「web」の代わりに「image」とします。

http://api.search.live.net/json.aspx?Appid={ID}&sources=image&query={検索語}

{"SearchResponse":{
  "Version":"2.2",
  "Query":{
    "SearchTerms":"検索語"},
  "Image":{
    "Total":28600000,
    "Offset":0,
    "Results":[{
      "Title":"タイトル",
      "MediaUrl":"http:\/\/www.***.com\/sample.gif",
      "Url":"http:\/\/www.***.com\/sanple\/",
      "DisplayUrl":"http:\/\/www.***.com\/sanple\/",
      "Width":750,
      "Height":873,
      "FileSize":67295,
      "ContentType":"image\/gif",
      "Thumbnail":{
        "Url":"http:\/\/ts1.mm.bing.net\/images\/thumbnail.aspx?q=***",
        "ContentType":"image\/jpeg",
        "Width":137,
        "Height":160,
        "FileSize":5897}}]}}

[ 2011年11月19日 | カテゴリー: マイクロソフト | タグ: , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報