ソーラー電卓が壊れたと思ったら

Pocket

私はキヤノンのLS-120TKIIという電卓を使っています。
ソーラー電池式で、パソコンとUSB接続ができ、テンキー代わりに使えるという機種です。
これが、最近、液晶が映らず、使えなくなりました。

節電で部屋を暗くしているのが原因か、ソーラー電池が壊れたか、と思い、よく見てみるとボタン電池が内蔵されているようです。ソーラー電池式と言っても、暗い場所でも使えるようになっているわけです。

ボタン電池の型番を調べて100円ショップで購入。何でも揃いますね。しかも1個入りと2個入りが売られていました。今回は1個入りを購入。2個入りを買ってもいざ次に使おうとしても失くしているのが常ですので。

いよいよ電卓を分解します。分解といってもカバーを外すだけ。
ボタン電池がセットされている部分はすぐに分かりますので、入れ替えます。
しかし電卓は稼働しません。
こんなときはリセットボタンを押します。
これで使えるようになりました。

数千円で買い替えるつもりでしたが、わずか100円で復活しました。

関連記事

[ 2011年7月6日 | カテゴリー: 買い物 | タグ: , , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報