指数表示で指数を「06」に固定する表示形式

Pocket

Excelには指数表示という表示形式があります。
例えば「7000000」を「7.0E+06」と表示します。
7000000=7*10^6
という意味です。
桁を一つ増やし「70000000」とすると「7.0E+07」となります。
この「E+」の後に付く数を「指数」と呼びますが、桁が変わっても指数部分を変えずに表示する表示形式を考えます。

先に答えを書くと次の通りです。
「0.0,,"E+06"」

これで次のように表示されます。

  7000000 →   7.0E+06
 70000000 →  70.0E+06
700000000 → 700.0E+06

まず小数部分を考えます。小数点以下が1桁の場合は「0.0」とします。

次に桁の省略をします。「,」を付けると下3桁が省略されます。「,,」とすると下6桁が省略されます。

最後に「"E+06"」とします。ダブルクォーテーションで挟むと挟まれた部分がそのまま表示されます。

応用としては「#,##0,"千円"」とすると「4096000」が「4,096千円」になります。
こっちの方が基本かもしれませんが。

関連記事

[ 2011年7月7日 | カテゴリー: Excel | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報