美味しいハイボールを飲みたいときに「炭酸キーパー」

Pocket

ハイボールが美味しい季節になってきました。
ハイボールはウィスキーをソーダで割るという単純な作り方なのでソーダの炭酸がポイントの一つになります。

一般家庭でソーダを使うには市販のソーダを使うしかありません。
缶入りとペットボトル入りがあります。
缶入りは一度開けるとふたができず炭酸がもれてしまうので、ペットボトルの方がよいでしょう。
しかしペットボトルでも多少は炭酸が抜けてしまいます。

そこで便利なのが「炭酸キーパー」です。

ペットボトルのキャップの代わりに取り付けます。
ワンタッチでふたの開け閉めができるという利点の他にもう一つ大きな特徴が。

上に付いているのはゴムの玉です。ふたを閉めた状態でこれをプシュプシュ押します。
すると空気がペットボトルの中に押し込まれ逆流しません。
気体は液体に溶けますが、気圧が高いほど溶けやすいという性質があります。
空気を送り込むことでペットボトル内の気圧が高くし炭酸ガスが抜けにくくなるというわけです。

ハイボールを作る場合だけでなく、コーラなどの炭酸飲料を残してしまい、しばらく保管したい場合にも使えます。

[ 2011年5月16日 | カテゴリー: 買い物 | タグ: , , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報