GASでユーザー定義関数を作り使い回す方法

Pocket

Googleのスプレッドシートでユーザー定義関数を使うことができます。
その使い方と作ったユーザー定義関数を別のスプレッドシートで使い回す方法を紹介します。
例として、税抜金額を渡すと税込金額を返す簡単な関数を使います。

ユーザー定義関数を作る

スプレッドシートを開き、メニューの ツール - スクリプトエディタ をクリックします。
次のようになっています。

ここに次のように書きます。

function myFunction(zeikomi) {
  return zeikomi = zeinuki * 1.1;
}

スプレッドシートに戻り、任意のセルに「=myFunction(1000)」と入力します。
「1100」と表示されます。税抜から税込が計算されました。

ユーザー定義関数を使い回す

Googleドライブを開きます。
https://drive.google.com/drive/my-drive

新規 - その他 - Google Apps Script をクリックします。
編集画面が開きます。
名前をわかりやすい名前にします。ここでは「common_function」としました。
コードを次のようにします。

function zeikomi(zeinuki){
  return zeinuki * 1.1;
}

保存します。

左の歯車アイコンをクリックしてIDをコピーします。

このユーザー定義関数を使いたいスプレッドシートのスクリプトエディタを開きます。
エディタ - ライブラリ - プラスアイコン をクリックします。
スクリプトIDに先ほどコピーしたIDをペーストします。
検索をクリックします。先ほど設定した名前「common_function」が表示されます。
追加をクリックします。

コードを次のようにします。
[cc lang="javascript"]
function myFunction(zeinuki) {
return common_function.zeikomi(zeinuki);
}
「common_function.関数名」とするのがポイントです。
保存します。

これで先ほどと同様にスプレッドシート上でユーザー定義関数が使えるようになります。

[ 2021年5月14日 | カテゴリー: デジタル | タグ: ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報