UiPathでAccessを操作する方法

デジタル

UiPathでAccessのボタンをポチポチとクリックして操作することはできますが、安定感に欠けます。
必要なデータを抽出するだけであればUiPath.Database.Activitiesを使うとよいです。安定していますし、処理も早いです。
使い方は次のとおりです。

準備

UiPath.Database.Activitiesをダウンロードしておきます。

次のようなデータベースを使うものとします。
データベース(ファイル) mydatabase.accdb
テーブル mytable

mytableの内容は次のとおりとします。

id mytext myvalue
1 りんご 100
2 みかん 200
3 バナナ 150
4 かき 50

目的

「テーブルmytableの内容をmytable.csvにエクスポートする」というプロセスを作ります。

クエリを実行

アクティビティ「クエリを実行」(ExcecuteQuery)を使います。

「Sql」にSQLをセットします。
SQLは直に書いてもいいですし、Accessのクエリからコピー&ペーストしてもいいです。

「プロバイダー名」と「接続文字列」を後述のプロパティのとおりセットします。
「接続を構成…」をクリックして接続ウィザードを使うと簡単です。
– Data sourceとしてMicrosoft Access Database Fileを選択してOKをクリック。
– Database file nameとしてAccessファイルを選択して開くをクリック。
– OKをクリック。

「データテーブル」に出力用の変数(DataTable型)をセットします。

プロパティをまとめると次のとおりです。
Sql = “SELECT * FROM mytable”
データテーブル = myDatatable
プロバイダー名 = “System.Data.OleDb”
接続文字列 = “Provider=Microsoft.ACE.OLEDB.12.0;Data Source=C:\xxxxx\mydatabase.accdb”

CSVに書き込む

アクティビティ「CSVに書き込む」(WriteCsvFile)を使います。
プロパティは次のとおりです。
ヘッダーの追加 = チェック
ファイルのパス = “mytable.csv”
データテーブル = myDatatable

コメント

タイトルとURLをコピーしました