M-1グランプリの審査員を審査

Pocket

2019年のM-1グランプリはミルクボーイが優勝しました。今までグループ名で損をしてきた気がします。売れそうにないですから。
M-1グランプリは審査員(7人)が100点満点で評価しその合計で順位を決めます。
最も適正な審査をしている審査員は誰でしょうか。

次のような方法を用います。
「適正な得点」を「審査員の平均点」とします。この平均点に近ければ適正な審査とします。乖離が大きいほど正しい審査ができていないことになります。

下の表は2019年の得点です。
右端に平均を載せています。

グループ名 上沼 松本 礼二 富澤 志らく 巨人 平均
ミルクボーイ 98 97 96 97 97 99 97 97.3
かまいたち 95 95 94 93 95 95 93 94.3
ぺこぱ 96 94 92 94 91 94 93 93.4
和牛 92 92 93 91 96 96 92 93.1
見取り図 94 91 93 91 94 92 94 92.7
からし蓮根 94 90 93 90 89 90 93 91.3
オズワルド 94 90 94 91 89 89 91 91.1
すゑひろがりず 92 89 91 90 92 91 92 91.0
インディアンス 94 88 92 90 87 89 92 90.3
ニューヨーク 90 82 88 88 90 91 87 88.0

下の表は平均との差です。絶対値にしています。
下端に合計を載せています。これが小さいほど適正な審査をしているということになります。
サンドイッチマン富澤が8.7、中川家礼二が9.7と小さいです。
一方、上沼恵美子が18.7、立川志らくが18.3で「適正な得点」から大きく乖離しているので審査が適正でないと言えます。

グループ名 上沼 松本 礼二 富澤 志らく 巨人
ミルクボーイ 0.7 0.3 1.3 0.3 0.3 1.7 0.3
かまいたち 0.7 0.7 0.3 1.3 0.7 0.7 1.3
ぺこぱ 2.6 0.6 1.4 0.6 2.4 0.6 0.4
和牛 1.1 1.1 0.1 2.1 2.9 2.9 1.1
見取り図 1.3 1.7 0.3 1.7 1.3 0.7 1.3
からし蓮根 2.7 1.3 1.7 1.3 2.3 1.3 1.7
オズワルド 2.9 1.1 2.9 0.1 2.1 2.1 0.1
すゑひろがりず 1.0 2.0 0.0 1.0 1.0 0.0 1.0
インディアンス 3.7 2.3 1.7 0.3 3.3 1.3 1.7
ニューヨーク 2.0 6.0 0.0 0.0 2.0 3.0 1.0
合計 18.7 17.1 9.7 8.7 18.3 14.3 10.0

さて、この得点システムには欠陥があります。皆、90点前後で得点を付けますが(今回の平均は92点)、100点を付けても、0点を付けてもいいのです。例えばトップのミルクボーイの審査で一人が0点を付けるといきなり最下位になります。
それはさておき、審査員によって高めに付ける、低めに付けるという傾向があります。例えば上沼恵美子は高めに付ける傾向があります。
つまり審査員によって「基準点」が異なります。
そこで各審査員の「平均点」を「基準点」として、それとの差を「得点」としてみます。
下の表のとおりとなります。

グループ名 上沼 松本 礼二 富澤 志らく 巨人 平均
ミルクボーイ 4.1 6.2 3.4 5.5 5.0 6.4 4.6 5.0
かまいたち 1.1 4.2 1.4 1.5 3.0 2.4 0.6 2.0
ぺこぱ 2.1 3.2 -0.6 2.5 -1.0 1.4 0.6 1.2
和牛 -1.9 1.2 0.4 -0.5 4.0 3.4 -0.4 0.9
見取り図 0.1 0.2 0.4 -0.5 2.0 -0.6 1.6 0.5
からし蓮根 0.1 -0.8 0.4 -1.5 -3.0 -2.6 0.6 -1.0
オズワルド 0.1 -0.8 1.4 -0.5 -3.0 -3.6 -1.4 -1.1
すゑひろがりず -1.9 -1.8 -1.6 -1.5 0.0 -1.6 -0.4 -1.3
インディアンス 0.1 -2.8 -0.6 -1.5 -5.0 -3.6 -0.4 -2.0
ニューヨーク -3.9 -8.8 -4.6 -3.5 -2.0 -1.6 -5.4 -4.3

上の表を元に「適正な得点」との差を取ってみます。下の表のとおりになります。
富澤が7.3、オール巨人が10.3となります。
一方、立川志らくが18.3、ナイツ塙が14.3となります。
突出しておかしいのが立川志らくで、意外とまともなのが上沼恵美子と言えます。

グループ名 上沼 松本 礼二 富澤 志らく 巨人
ミルクボーイ 0.9 1.2 1.6 0.5 0.0 1.4 0.4
かまいたち 0.9 2.2 0.6 0.5 1.0 0.4 1.4
ぺこぱ 0.9 2.0 1.8 1.3 2.2 0.2 0.6
和牛 2.8 0.3 0.5 1.4 3.1 2.5 1.3
見取り図 0.4 0.3 0.1 1.0 1.5 1.1 1.1
からし蓮根 1.1 0.2 1.4 0.5 2.0 1.6 1.6
オズワルド 1.2 0.3 2.5 0.6 1.9 2.5 0.3
すゑひろがりず 0.6 0.5 0.3 0.2 1.3 0.3 0.9
インディアンス 2.1 0.8 1.4 0.5 3.0 1.6 1.6
ニューヨーク 0.4 4.5 0.3 0.8 2.3 2.7 1.1
合計 11.3 12.3 10.5 7.3 18.3 14.3 10.3

同じことを2016年以降についてやってみたのが次の表です。

適正な審査をしているのはサンドイッチマン富澤と博多大吉。
上沼恵美子は今年は比較的まともですが過去は酷く、志らくは安定の酷さ。
別の意味で安定しているのが松本人志。

[ 2019年12月29日 | カテゴリー: テレビ | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報