WordPressのSSL化で試した方法

Pocket

私はロリポップでWordPressを運営しています。無料でSSL化できるということで試してみました。
手順は次のページが詳しいです。
ロリポップ無料ドメインSSL化の手順を分かりやすく紹介
引っかかりそうなことはほとんど書いてあります。ありがとうございました。

さて一点だけうまくいかなかった点があります。
SSL化がうまくいくとChromeで見たときに「保護された通信」と表示されます。これが表示されないと意味がありません。よくあるのがリンク先が「http」となっているケース。全て「https」とする必要があるようです。
原因がなかなか分からなかったのですが、ようやく気づいたのが「JRerated」というプラグイン。
これはYahoo!のAPIを使って記事を解析し関連する記事を表示するというもの。
使うにはクレジットを表示する必要があります。このクレジットのリンク先が「http」のままでした。
プラグインの開発者のページを見に行くと2009年を最後に更新されていません。

しかたがないのでプラグインそのものを書き換えてみました。
wp-jrelated.phpというファイルにリンクと画像の記載があるのでここを変更します。

変更前

$content .= '<a href="http://developer.yahoo.co.jp/about"><img src="http://i.yimg.jp/images/yjdn/yjdn_attbtn1_125_17.gif" title="Webサービス by Yahoo! JAPAN" alt="Web Services by Yahoo! JAPAN" width="125" height="17" border="0" style="margin:15px 15px 15px 15px" /></a>' . "\n";

変更後

$content .= '<a href="https://developer.yahoo.co.jp/about"><img src="https://s.yimg.jp/images/yjdn/yjdn_attbtn1_125_17.gif" title="Webサービス by Yahoo! JAPAN" alt="Web Services by Yahoo! JAPAN" width="125" height="17" border="0" style="margin:15px 15px 15px 15px"></a>' . "\n";

これで「保護された通信」と表示されるようになりました。

関連記事

[ 2018年7月15日 | カテゴリー: WordPress | タグ: ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報