大富豪で革命が起きる確率

Pocket

最近の我が家のブームはトランプの大富豪です。
色々なハウスルールがあると思いますが、我が家では「革命」を採用しています。
「革命」は同じ数が4枚または4枚続きを出すと次の回からはカードの強さが逆転するというもの。通常は「2」が最も強いですが「革命」が起きると「3」が最強になります。

この「革命」が起きる確率を調べてみました。

  • 1位は5位と2枚交換
  • 2位は4位と1枚交換
  • ジョーカーは他のどのカードの代わりにもなる
  • 4枚組(「同じ数が4枚」または「4枚続き」)で「革命」

このようなルールを採用したとします。つまりジョーカーを使っての4枚組は「革命」とします。
「革命」が起きるか起きないかをプログラムを使ってシミュレーションしてみました。

状況 確率
起きない 64.8%
同じ数が4枚 3.8%
同じ数が4枚(ジョーカー含む) 14.2%
4枚続き 5.5%
4枚続き(ジョーカー含む) 11.7%

3回に1回は「革命」が起きてしまいます。実際、先日やったときは、一人が3回連続で「革命」を起こしていました。
では、ジョーカーを使っての4枚組は「革命なし」とします。

状況 確率
起きない 90.7%
同じ数が4枚 3.8%
4枚続き 5.5%

これならば10回に1回なのでちょうどよさそうです。

[ 2014年12月4日 | カテゴリー: 小ネタ | タグ: , , ]

« | »

コメント

  1. リアル貧民 より:

    すごいですね。
    計算式を、ご紹介いただけますか?

  2. stabucky より:

    >リアル貧民さん
    当時のファイルを探したら乱数を使ってシミュレートしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報