ジェフ千葉、3位でプレーオフ進出

Pocket

J2最終節が終りました。
最終節の前の順位は次の通り。末尾の数字は勝点。
1 湘南 98
2 松本 80
3 磐田 66
4 千葉 65
5 北九州 65
6 山形 64
7 大分 63

最終節を終えての順位は次の通り。
1 湘南 101
2 松本 83
3 千葉 68
4 磐田 67
5 北九州 65
6 山形 64
7 大分 63

千葉は讃岐に勝って3位に上がりました。
磐田は札幌に引き分けて4位に後退。
北九州、山形、大分は揃って敗れて順位は変わらず。

大分は7位でプレーオフ進出ならず。
北九州は5位ながらJ1資格がないためプレーオフに出られません。
したがって、千葉、磐田、山形でJ1昇格プレーオフが行われます。

J2第42節 千葉1―0讃岐(11月23日 丸亀)
千葉が前半にFW森本をアクシデントで失いながらも敵地で讃岐に1―0で勝利。勝ち点を68として、3位で3年連続のJ1昇格プレーオフ進出を決めた。
両チーム得点なく迎えた前半30分、千葉のFW森本が讃岐のDF藤井とセンターサークル付近でハイボールを競り合う際に互いの頭が激しく接触。ピッチに横になったまま動けなくなった。
その後、森本は救急車で病院に搬送されるも検査の結果、幸いにも異常はなかった。千葉は今季10得点を挙げている得点源を失ったが、代わってピッチに入ったFWケンペスが前半ロスタイム1分に先制ゴール。昨季J2得点王がもたらしたこの1点を後半は守り切った。
長野とのJ2・J3入れ替え戦が決まっている讃岐はシュート数9本と千葉の6本を上回ったが、今季J2最終戦をホームのサポーターを前にして勝利で飾れなかった。(スポニチ)

[ 2014年11月23日 | カテゴリー: Jリーグ | タグ: ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報