日本語用マークダウン記法

Pocket

Markdownは簡単な記号を使って書いたテキストをHTMLに変換する仕組みです。
前にいくつか記事を書いています。

Markdown記法のまとめ | You Look Too Cool
JavaScriptでMarkdown記法をHTMLに変換 | You Look Too Cool

便利なのですが、元々、英語用なので日本語になじまない点があります。
例えば、見出しは「#」を使いますが日本語では使いません。
改行は半角スペース2個を末尾にわざわざ付ける必要があります。これがないと改行せずに前の行の後ろにそのまま続けます。

そこで、日本語にもなじむ記法を考えました。
基本的なところは次のとおりです。

○見出し
行の先頭に「◎」「○」「●」を付けて書く。

○リスト
●順序なしリスト
行の先頭に「・」を付けて書く。
●順序ありリスト
行の先頭に「1.」「2.」または「@」を付けて書く。

○引用
行の先頭に「>」を付けて書く。

○テーブル
各セルを全角縦線で挟む。

○強調
強調する部分を隅付き括弧で挟んで書く。

これらをHTMLに変換する仕組みを作りました。

日本語用マークダウン記法

このページにはさらに詳しい「日本語用マークダウン記法」の説明と実際にHTMLに変換する仕組みが書かれています。
まだ充分にルールを検討したとはいえませんし、コードも付け焼き刃です。
実際に試して、意見をいただけると幸いです。

関連記事

[ 2013年10月26日 | カテゴリー: Tool | タグ: , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報