VBA関数「split」をワークシートで使う

Pocket

VBAには「split」という関数があります。スペースやカンマで区切られた文字列を配列として返す関数でとても便利ですが、ワークシート関数には同様のものがありません。
そこでユーザー定義関数「xsplit」を作ってみました。

Function xsplit(expression, delimiter, index)
    arrs = split(expression, delimiter)
    xsplit = arrs(index)
End Function

expressionには元となる文字列を指定します。
delimiterにはスペースやカンマなどの区切り文字を指定します。
indexには区切った後の何番目の文字列を取り出すかを指定します。0番目からカウントします。

[ 2010年12月23日 | カテゴリー: Excel | タグ: ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報