Pythonでクイックソート

Pocket

ウィキペディアにクイックソートのコードの例が載っていますが全く理解できませんでした。
自分で書いてみました。

def quick_sort(balls):
  # 要素が1個以下の場合はそのまま返す。
  if len(balls) <= 1 :
    return balls
  # 基準(先頭の要素)を決め、大小で要素を前半frontと後半rearに分ける。
  front = [x for x in balls if x < balls[0]]
  rear = [x for x in balls if x > balls[0]]
  # 前半、基準、後半を一つのリストにまとめる。
  return quick_sort(front) + [balls[0]] + quick_sort(rear)

使い方は次のとおりです。

a = [5, 7, 12, 8, 4, 1, 9, 6, 2, 10, 3]
b = quick_sort(a)
print(b)
# [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 12]

[ 2022年3月26日 | カテゴリー: Python | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報