電子書籍を画像でエクスポートする方法

Pocket

AppleScriptを使って電子書籍の複数ページの内容を画像データとして自動的にエクスポートする方法を紹介します。

準備

エクスポートしたい本を表示します。
なるべく大きく表示した方がよいと思います。

shift+command+5を押します。
取り込みたい範囲を選択します。
オプションで保存場所を指定します。「最後の選択部分を記憶」をチェックしておきます。
return(enter)を押すと選択部分がPNGで保存されます。
左キーを押すと次のページに移動します(電子書籍によって挙動が違うかもしれません)。

要するに、AppleScriptを使って、これらの操作を繰り返すわけです。

コード

スクリプトエディタを起動します。
(Launchpadで選んでもいいですし、Ctrl+Spaceで「スクリプトエディタ」を検索してもいいです)

次のコードを貼り付けます。

tell application "" # 電子書籍を指定
  activate
end tell
repeat 10 times # 繰り返し回数
  tell application "System Events"
    key code 23 using {shift down, command down} # shift+command+5
    delay 0.5 # 遅延(秒で指定)
    key code 76 # エンターキー
    delay 0.5 # 遅延(秒で指定)
    key code 123 # 左キー
  end tell
end repeat

繰り返し回数のところにエクスポート対象の何枚を指定します。
通常だと処理が早すぎて取り込みが空振りします。delayで少し待つとうまくいきます。
キーコードはComplete list of AppleScript key codesで確認してください。

実行

電子書籍の表紙を開いておきます。
スクリプトエディタの右上の三角形をクリックして実行します。
電子書籍が手前に来て、表示、取り込み、次ページを繰り返します。
内容が画像として保存されます。

[ 2022年2月20日 | カテゴリー: Mac | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報