年末ジャンボ宝くじ、3種類のうち最も得なのは?

Pocket

今回の年末ジャンボは最高当せん金が前後賞合わせて10億円です。
一方でジャンボミニ1億円、ジャンボプチ1000万円も売り出されます。
これら3種類のうち最も得なのはどれでしょうか。期待値を計算してみました。

年末ジャンボ宝くじ

等級等 当せん金 本数 当せん金×本数
1等 700,000,000 25 17,500,000,000
前後賞 150,000,000 50 7,500,000,000
組違い賞 500,000 4,975 2,487,500,000
2等 15,000,000 500 7,500,000,000
3等 1,000,000 5,000 5,000,000,000
4等 10,000 500,000 5,000,000,000
5等 3,000 5,000,000 15,000,000,000
6等 300 50,000,000 15,000,000,000

期待値

販売価格 発売総本数 発売総額 当せん金合計 期待値
300 500,000,000 150,000,000,000 74,987,500,000 0.4999

年末ジャンボミニ1億円

等級等 当せん金 本数 当せん金×本数
1等 100,000,000 105 10,500,000,000
2等 1,000,000 3,000 3,000,000,000
3等 3,000 1,500,000 4,500,000,000
4等 300 15,000,000 4,500,000,000

期待値

販売価格 発売総本数 発売総額 当せん金合計 期待値
300 150,000,000 45,000,000,000 22,500,000,000 0.5

年末ジャンボプチ1000万

等級等 当せん金 本数 当せん金×本数
1等 10,000,000 1,000 10,000,000,000
2等 10,000 200,000 2,000,000,000
3等 300 10,000,000 3,000,000,000

期待値

販売価格 発売総本数 発売総額 当せん金合計 期待値
300 100,000,000 30,000,000,000 15,000,000,000 0.5

ジャンボミニとジャンボプチは期待値が0.5000になりました。買った金額のちょうど半分が戻ってくることになります。
一方、ジャンボの期待値は0.4999で少し低いです。
ジャンボミニとジャンボプチが少し得ということになります。

[ 2016年12月14日 | カテゴリー: 豆知識 | タグ: , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報