通常の携帯電話からiPhoneに切り替えるときの注意

Pocket

妻はauの携帯電話を使っていたのですが故障しました。
調べると電話料金は月々7000円以上。iPhone4を使っている私よりも高いのです。
機種変更をすることにしました。
店で見てみると、auの携帯電話はスマートフォンが主流で、通常の携帯電話の方が高価なのです。
ならばスマートフォンに機種変更しようとしたら「使い方が分からない」と言います。
妻は嵐のフアンでCMキャラクターの関係でauにこだわっていましたが、今は嵐でなく剛力彩芽なので、もはやauである必要はありません。
そこでソフトバンクのiPhoneに変更することにしました。iPhoneならば私が使っているので使い方は教えられるしアプリも共有できます。家族割を適用すればかなり安くなります。
そして手に入れたのがiPhone4Sです。私のではありませんが。
透明なシリコンカバーを付けて、嵐の写真の切り抜きを挟んで楽しんでいます。中学生か。

そんな妻ですが「iPhoneって、こんなことができないの!」と驚くことがあるようです。
そこでiPhoneに切り替える際の注意点をまとめてみます。
基本的に「iPhoneは携帯電話ではない」と考えるのが適当です。

赤外線通信がない

赤外線通信がありません。
アドレスの交換などをするときはQRコードを使います。
Appのダウンロードが必要です。

ワンセグがない

ワンセグテレビがありません。しかしYouTubeなどが見られますので暇つぶしには困りません。困るのはスポーツなどの生放送が見られないくらいです。

ストラップが付けられない

ストラップを付ける穴のようなものがありません。
どうしても付けたければ、ストラップが付けられるカバーを付けるしかありません。

落とすと割れる

表面がガラスです。強化ガラスですが割れることもあります。
ストラップが付けられないのに落とすと割れるという恐ろしい代物で、これがアメリカでも受け入れられていることに驚きます。

[ 2012年5月17日 | カテゴリー: iPhone ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報