Google APIを使うにはサインアップすればよい

Pocket

Google APIを使うと、検索の仕組みを自分のサイトに簡単に組み込むことができます。
しかし、色々できるおかげでページも色々あって、とても分かりにくいです。
理屈抜きで、とにかく使ってみたいということであれば、次のページを開いてください。

http://code.google.com/intl/ja/apis/loader/signup.html

このページで自分のサイトのURLを入力し「Generate API Key」をクリックします。
すると、自分のキーが発行され、次のようなサンプルページ(のコード)が表示されます。
このサンプルページがないのが分かりにくさの原因だと思います。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml">
  <head>
    <title>My Google API Application</title>
    <script src="https://www.google.com/jsapi?key={キー}" type="text/javascript"></script>
    <script language="Javascript" type="text/javascript">
    //<![CDATA[

    google.load("search", "1");

    function OnLoad() {
      // Create a search control
      var searchControl = new google.search.SearchControl();

      // Add in a full set of searchers
      var localSearch = new google.search.LocalSearch();
      searchControl.addSearcher(localSearch);
      searchControl.addSearcher(new google.search.WebSearch());
      searchControl.addSearcher(new google.search.VideoSearch());
      searchControl.addSearcher(new google.search.BlogSearch());

      // Set the Local Search center point
      localSearch.setCenterPoint("New York, NY");

      // Tell the searcher to draw itself and tell it where to attach
      searchControl.draw(document.getElementById("searchcontrol"));

      // Execute an inital search
      searchControl.execute("Google");
    }
    google.setOnLoadCallback(OnLoad);

    //]]>
    </script>
  </head>
  <body>
    <div id="searchcontrol">Loading...</div>
  </body>
</html>

これをエディタに貼り付け、適当なファイル名を付け、拡張子を「.htm」にして、ブラウザで開けば、Googleの検索の仕組みが組み込まれたページができあがりです。
検索後の初期値は「searchControl.execute("Google");」の「Google」のところです。
ファイルのエンコードの種類をUTF-8にしておけば「searchControl.execute("菅直人");」のように日本語も使えます。

[ 2011年4月3日 | カテゴリー: デジタル | タグ: , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報