生年から厄年を知る「厄年早見表」

Pocket

初詣に行ったところ、すでに厄年を過ぎていたことに気付いた次第。
何が分かりにくいかというと「数え年」の意味。
生まれたときに既に1歳、年を越すと1歳プラス、というのが数え年。
Wikipediaの説明は次の通り。

元日から誕生日前日午後12時までは「満年齢+2」、それ以降は「満年齢+1」で計算する。

これは間違いではないのですが、本質が分かっていないような気がします。
数え年の特徴は「同じ年に生まれた人は同じ数え年」というところなのです。
となると生まれた日はどうでもよくて、生まれた年だけを考えればよく、
「数え年=今年-生まれた年+1」
で求まります。

これを踏まえて「厄年早見表」を作りました。

厄年早見表

「その年に厄年を迎えるのは西暦何年生まれの人か」
「その年に生まれた人の厄年は西暦何年か」
が求まります。

[ 2011年1月15日 | カテゴリー: Tool | タグ: , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報