「大量得点の次の試合は得点が少ない」は本当か?

Pocket

2020年7月28日の週はロッテ対楽天の試合があり、里崎智也と実況アナウンサーが「大量得点試合の次の試合は得点が少ないと言われるが本当か。誰か検証してほしい」という話をしていました。
手元に2013年から2019年までのプロ野球の試合の得点データがあるので集計してみました。

大量得点試合の定義

大量得点試合を「10得点以上」と定義します。

得点分布

集計をする前に得点の分布を調べてみました。
カウントすると大量得点試合に該当するのは5.6%でした。
また、平均得点は4.1点でした。

集計

大量得点試合の次の試合に該当するのが668試合。得点の合計が2866点。平均は4.3点。
逆に大量得点試合でない試合の次の試合に該当するのが11286試合。得点の合計が45716点。平均は4.1点。

区分 試合数 総得点 平均
大量得点後 668 2866 4.3
少量得点後 11286 45716 4.1

まとめ

大量得点後は4.3点、少量得点後は4.1点となって、ほとんど同じ、変わりはありませんでした。

[ 2020年8月2日 | カテゴリー: 野球 | タグ: , , ]

« | »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

送信してください。


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報