TCPDF入門

TCPDFを使うとPHPでPDFを生成することができます。
特徴は次のとおりです。 (さらに…)

西暦和暦対比表(令和対応版)

先日、和暦表記を西暦表記に書き直す、ということをしました。手作業だったので対比表を作りました。
また使うかもしれないので公開しておきます。 (さらに…)

Excel用列番号一覧表

前にアルファベットの順番を記憶する方法を紹介しました。
目的はExcelやLibreOfficeCalcの列番号をすぐに把握するためですが、どうしても覚えられない場合のために一覧表を作ってみました。
A4サイズで印刷して使います。 (さらに…)

3D Touchを使いウェブページをPDFにする方法

Safariで見ているページをPDFにエクスポートする方法を紹介します。3D Touchを使うのでiPhone 6sが対象です。
まずiPhoneの操作を復習しておきます。
画面に触ることをタップと言います。パソコンだとクリックに相当します。
画面を強く押すことをPeekと言います。iPhoneが軽く震えます。プレビューなど表示が変わります。
さらに強く押すことをPopと言います。軽く震えて別の表示になります。 (さらに…)

アクティブシートだけを保存するマクロ

ExcelでアクティブシートのみをExcel形式またはPDFで保存するマクロです。Excel2007で確認しました。

今回は保存場所をデスクトップに固定しています。
デスクトップのパス(フォルダ)は、WSHを使うと「CreateObject("WScript.Shell").SpecialFolders.Item("Desktop")」
で取得できます。

Excel形式で保存

シート名をファイル名にしてExcel形式で保存します。
アクティブシートのみを保存するために一度、シートをコピーし、そのシートを含むブックがアクティブになったところで保存し、閉じています。

Sub アクティブシートのみExcelでデスクトップに保存()
    desktop_path = CreateObject("WScript.Shell").SpecialFolders.Item("Desktop") & ""
    myname = ActiveSheet.Name
    ActiveSheet.Copy
    ActiveWorkbook.SaveAs _
        Filename:=desktop_path & myname & ".xlsx"
    ActiveWindow.Close
End Sub

PDFで保存

シート名をファイル名にしてPDFで保存します。
PDFは、基本的にはアクティブシートだけが保存されますので、上よりシンプルです。

Sub アクティブシートのみPDFでデスクトップに保存()
    desktop_path = CreateObject("WScript.Shell").SpecialFolders.Item("Desktop") & ""
    myname = ActiveSheet.Name
    ActiveSheet.ExportAsFixedFormat _
        Type:=xlTypePDF, _
        Filename:=desktop_path & myname & ".pdf"
End Sub

Wordで1ページずつPDFで保存するマクロ

Wordで作成した文書はPDFで保存することができます。
ページを指定することで、特定の部分だけをPDFにすることもできます。
1ページずつ指定すれば、各ページをPDFで保存することができますが、ページ数が増えるとなかなか面倒です。

これをマクロで実行させる方法を考えました。Word2007で確認しました。 (さらに…)


タグ

カテゴリー

最近の投稿

最近のコメント

固定ページ

アーカイブ

stabucky

写真

メタ情報